女性の気持ち

女性にとっても生理は気持ちの悪いものなのです。生温かいものがどろっと流れ出る感覚は生理中の女性なら誰しも経験しています。立ちあがった拍子や何かをまたいだとき、このとろっとした温かさの血の塊が流れ出る感覚にヒヤッとするものです。男性がそれを想像するなら、下痢のときに抑えきれずにパンツの中に軟便がずるっと出てしまったような感覚を想像すればよいのかもしれません。そしてこれは我慢しようと思っても抑えることができないのです。月経血の感覚以外にも、生理中の独特の気分というのは人それぞれ色々とあるようです。多いのは、いつもよりも眠くなる、食欲が増す、といった変化ですね。 Continue reading

女性が不倫したいと思うとき

女性は生まれたときに一生分の卵子を持っているようです。ただ、この段階では最後まで成長せず、卵胞の中でアイドリング状態のような感じで留まっているわけですね。生理の周期に合わせて、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌されると卵巣が刺激され、アイドリング状態だった卵胞が毎月ひとつずつ選ばれてきて、その中で卵子の成長が再開し、排卵されることになります。卵子は毎月毎月新たに生まれてくるわけではないのです。胎児期の女性の卵巣にはおおよそ700万個の卵胞が含まれているようです。卵胞の蓄えは出生直後に200万個に減り、初潮を迎える思春期にはさらに大幅に減っています。女性の一生のうち、生まれつき持っていた卵子のほとんどは日の目を見ないまま終わってしまうのです。月経血は最初の3日間でほぼ8割が出て、あとは残りの生理の間だらだらと続くわけです。とくに2日目は量が多いので生理用のナプキンが2時間もしたらぐっしょりとなるほどなのですね。この2日間はナプキンはちゃんとしているけれど、もしかしたら漏れているかもしれない。早くトイレに行かないと。などとヒヤヒヤしながら過ごす女性も多いんですよね。それだけでも大きなストレスになることはよく分かるでしょう。
不倫したい人妻がセックス

ストレスで変わりやすい

排卵とは卵巣から卵子が排出されたときのことを指しますね。卵巣というのは子宮の両わきに2つあって、そこから卵子が腹腔内に発射されるわけことになります。発射されたものを卵管の先にある卵管采で受け止めます。卵管采でキャッチされた卵子が、卵管の中で精子と出会って受精して、それが子宮の中に運ばれてきて着床する。これが妊娠の過程ですね。排卵された卵子が受精や着床しない、つまり妊娠しないと子宮内膜は不要となりはがれ落ちることになります。はがれた子宮内膜、つまり子宮にたまった血液の成分が出てくることになるわけですが、これが月経血と言われるやつですね。そして生理が始まることを初潮と言いますよね。 Continue reading

女性の気分はめまぐるしく変わる?

女性誌などで女性ホルモンをアップさせるような記事って最近多くなってきているように感じませんか?それは、自分を魅力的に見せるにはエストラジオールが必要だということが認知されてきたからなのかもしれませんね。パートナーが近頃きれいになったという男性は、少し気をつけたほうがいいのかもしれません。女心と秋の空、という言葉があるように、女性の気分はめまぐるしく変わるときがありますよね。女性は1ヵ月ごとにやってくる生理によって、女性ホルモンの分泌量が周期的に変化するのです。1ヵ月のうちに、ホルモン量の多いときと少ないときがあるのですね。これは男性にはない体のしくみです。この周期性が女性の感情の変化に大きな影響を与えているようなんですよね。子宮は毎月、妊娠のための準備を行っているのです。排卵期に向かって子宮内膜を厚くし、受精卵が着床したときに育ちやすい環境を整えているわけですね。 Continue reading

女性ホルモンが多いと浮気しやすい?

女性ホルモンが多いと浮気しやすいという話を聞いたことありませんか?男性の専売特許のように思われている浮気ですが、最近ではもちろん女性でも浮気をする人はいますし多くなっているとも言われています。小説やテレビドラマの題材にもなることも多く、それほど珍しいことではないという認識がなされているのかもしれませんね。浮気についても、ホルモンが関係しているという、ある調査結果があります。女性の中でも、エストロジェンの一種であるエストラジオールが多い人は浮気をする傾向が高いという報告が、イギリスの学術誌に発表されたことがあるんですよね。その理由として、エストラジオールが多い女性は、胸が大きく、顔立ちが魅力的で、ウエストとヒップの差が小さい傾向にあるということのようです。なので自分自身を魅力的だと感じ、また同時に他人の目にも魅力的に映っているということらしいのです。 Continue reading

甘いものが好きという人

プロラクチンというホルモンは、乳腺を発達させ、乳汁を出す作用があるようです。赤ちゃんにおっぱいをあげる働きがあるということですね。このプロラクチンが涙腺に働くと、乳汁ではなく涙を出させることになるようなんです。プロラクチンの分泌量は授乳中はとりわけ高くなるようなんですが、通常時でも分泌されていて、その量は女性は男性の1・5倍ほどになると言われています。もともと女性は男性に比べて感情が高まりやすく共感しやすいにも関わらず、、さらに涙を出させるホルモンが男性より多いので、涙腺が緩くなる傾向があるようなんです。また、女性は甘いものに目がないことが多いですよね。あるアンケートによると、女性に甘いものは好きですか?と尋ねたところ、90%以上の人が好き、もしくは大好き、と答えたようですよ。 Continue reading

女性は何故ピンクが好きなのか?

色彩の中でピンク色というのは女性の脳を刺激し、女性ホルモンの分泌を促す作用があると言われているんです。産婦人科は内装が淡いピンク色であることが多いですよね。それには理由があるんです。女性はピンク色を見るとエストロジェンというホルモンの分泌が促され、それによってオキシトシンの働きが高まるのですね。だから本能的にピンク色が好きなのだと考えられているようです。またオキシトシンの働きが高まれば、ふわふわしたものや、かわいいものへの愛情がどんどん深まっていく、ということになるわけです。また、女性はちょっとした出来事にも感極まって泣いてしまうことって結構ありますよね。そんな光景を見ると、多くの男性はなぜそんなにすぐ泣くのか不思議に思えてしまうのですね。 Continue reading

女性に備わった仕組み

オキシトシンというホルモンは、信頼のホルモンと言われているんです。他人への信頼や共感を高め、他人を助けたいという気持ちを誘発する物質であるということが研究から分かってきたようです。犬や猫などのベットを用いた実験では、一緒に遊んだり、毛をなでてあげたりしたときに、飼い主のオキシトシン濃度が上がったという結果も報告されています。また、このオキシトシンというホルモンにはストレスを抑える効果があることも報告されているんですよね。このことから、信頼のホルモンという名称以外にも、癒しのホルモンと呼ばれることもあるんですよね。このオキシトシンの働きが活性化するには、受容体という受け皿が必要なのです。 Continue reading

女性がかわいいというもの

女性の脳内で情報の連絡が活発になると過去の記憶が呼び覚まされてしまうことがあるようなんです。男性にとっては理解できないほどの話題の飛躍で女性が感情的になってしまうというのはよくあることですよね。そういうときに呼び覚まされるものの多くは不快な記憶で、男性がなぜだかわからないうちに怒られてしまうわけなんです。男性にとってはこんな理不尽な話はないと思ってしまうのですが、これは男女の脳の構造の違いだと思うしかないでしょうね。女性に不快な記憶を呼び起こさせないコツというのがあるようです。それは目をしっかりと見つめて「うん、うん、わかるよ。君のその気持ちは。」などと言ってあげることです。さて、女性がかわいいというものは、ピンク色のものや、ふわふわとしたものが多いようなんです。 Continue reading

女性脳のなせるわざ

左右の脳をつなぐ結合部分が脳梁と言われている部分なんですよね。ここを介して左右の脳の情報交換が行われるわけですね。この部分も男女ではかなり違うと言われているのです。男性の場合は薄く棒状であるのに対して、女性の脳梁は中央にふくらみがあり、断面積は男性より大きいとされているのです。話をするとき、男性の場合は言語中枢がある左脳だけが活動し、必要事項をまとめて理論的に話そうとする傾向があるようです。それに対し女性の場合は、左右の脳が盛んに情報のやりとりを行っているようなイメージなのです。 Continue reading