女性に備わった仕組み

オキシトシンというホルモンは、信頼のホルモンと言われているんです。他人への信頼や共感を高め、他人を助けたいという気持ちを誘発する物質であるということが研究から分かってきたようです。犬や猫などのベットを用いた実験では、一緒に遊んだり、毛をなでてあげたりしたときに、飼い主のオキシトシン濃度が上がったという結果も報告されています。また、このオキシトシンというホルモンにはストレスを抑える効果があることも報告されているんですよね。このことから、信頼のホルモンという名称以外にも、癒しのホルモンと呼ばれることもあるんですよね。このオキシトシンの働きが活性化するには、受容体という受け皿が必要なのです。 Continue reading

女性がかわいいというもの

女性の脳内で情報の連絡が活発になると過去の記憶が呼び覚まされてしまうことがあるようなんです。男性にとっては理解できないほどの話題の飛躍で女性が感情的になってしまうというのはよくあることですよね。そういうときに呼び覚まされるものの多くは不快な記憶で、男性がなぜだかわからないうちに怒られてしまうわけなんです。男性にとってはこんな理不尽な話はないと思ってしまうのですが、これは男女の脳の構造の違いだと思うしかないでしょうね。女性に不快な記憶を呼び起こさせないコツというのがあるようです。それは目をしっかりと見つめて「うん、うん、わかるよ。君のその気持ちは。」などと言ってあげることです。さて、女性がかわいいというものは、ピンク色のものや、ふわふわとしたものが多いようなんです。 Continue reading

女性脳のなせるわざ

左右の脳をつなぐ結合部分が脳梁と言われている部分なんですよね。ここを介して左右の脳の情報交換が行われるわけですね。この部分も男女ではかなり違うと言われているのです。男性の場合は薄く棒状であるのに対して、女性の脳梁は中央にふくらみがあり、断面積は男性より大きいとされているのです。話をするとき、男性の場合は言語中枢がある左脳だけが活動し、必要事項をまとめて理論的に話そうとする傾向があるようです。それに対し女性の場合は、左右の脳が盛んに情報のやりとりを行っているようなイメージなのです。 Continue reading